💰お金専科!副業・投資・ 起業・独立・節税

お金に関する最新情報の共有サイトです。

2022年「収入アップ」のために始めること

■「収入アップの取り組み」調査を、全国の20~50代の会社員男女2,123人に、(株)Daiが行ったところ、全体で25%が副業やスキルアップ、投資などで、収入アップのための行動を起こしていることが判明。 さらに2022年に新たにチャレンジしたいことがある人は、全体で40%いることがわかった。

  f:id:bravomavie:20211207021455j:plain

■私のようなシニア世代40~50代が、2021年収入アップのために行ったことの中に、20代30代では見られなかった「転職」がある。さすが、キャリア経験・人生経験の多いシニア世代、と誇らしい。

f:id:bravomavie:20220207231336p:plain(図表:マイナビニュース 2022年1月5日より)


■
「2021年収入アップのため新たなチャレンジをした」ことの中で最も多かった回答は「副業」。その副業収入は、年代による多少の違いがあり、約7割が5万円以下。そんな中、特筆することは、10万円以上稼いでいる人は、20代では0%、30代でも2.9%だったのに対し、40代では約3割、50代では25%以上とシニア世代の方が、副業で稼げている。さらに、40~50代の中には100万円以上の副業収入得ている人もいる。これは、やはり、これまでのキャリア経験や人生経験が副業をする際にも、生きているといえる。

f:id:bravomavie:20220207230314p:plain(図表:マイナビニュース 2022年1月5日より)


■
今年、収入アップのために新たにチャレンジしたいことは、全世代を通して、「副業」が第1位を占めるが、20代、30代では見られない「独立」が、シニア世代の40代、50代に意識されている。キャリア経験に自信が付いたことの証だろうか。

f:id:bravomavie:20220207230519p:plain(図表:マイナビニュース2022年1月5日より)

■今後、益々、副業解禁や週休3日導入の企業も増え、副業が当たり前、いや、副業でなく、ダブルキャリアが当たり前となる時代となるのでしょう。それならば、副業、いなセカンド・キャリアの種は、早く蒔いた方が、いいですね。2022年、「収入アップ」のために、あなたは、どんな取り組みをしますか?

【関連記事】

収入アップを目指すなら終活ガイド上級資格がお薦めな理由
最短1カ月、5万円で、終活のプロ資格、副業から独立
シニア世代にお薦め副業
独立開業・在宅・すき間時間で副業
人気フランチャイズ ランキング