💰お金専科!副業・投資・ 起業・独立・節税

お金に関する最新情報の共有サイトです。

週休3日制で、50代・60代のお薦め副業

■2022年1月、パナソニックは、社員が希望すれば週3日休める「選択的週休3日制」を導入する方針を表明。リモートワークなど、多様で自由な働き方は、広がりつつある。

 f:id:bravomavie:20220125015129j:plain

■休日が1日増えることは、介護・仕事と育児との両立がしやすくことに加え、副業解禁の会社も増えつつある中、本業に影響が出ない範囲で副業するためには、休みが多い方がいい。

f:id:bravomavie:20211211024719j:plain

■人生100年と言われている昨今、本業以外の60才からの第2の副業キャリアを築いておくのは、定年後の経済的なことだけでなく、60才からの残りの人生の生きがいにもつながる大切なことと思います。

 f:id:bravomavie:20200603213918j:plain

■私がもし、弁護士・司法書士など、資格保有者なら、独立して事務所開業・起業する。でも、特に「起業」できるような資格もスキルもないなら、「フランチャイズ(FC)」という手もある。既に、成功ビジネスモデルを提供してくれる「フランチャイズ(FC)」は、ビジネスが軌道にのるまで、本部のサポートがあったりで、心強い。

フランチャイズビジネス:100種以上を比較

■「フランチャイズ(FC)」というと、セブンイレブンやローソンなどの大手のコンビニがすぐ浮かぐぶけど、60才からの「副業」にするには、相当な資金と覚悟がいる ■でも、収入をやや増やすための「副業」で、50代・60代から始められる、開業資金の低い安い「フランチャイズ(FC)」も結構あった。ロイヤルティも0円からと、ハードルも低い。

f:id:bravomavie:20211203021443j:plain

■初めから脱サラするのは、勇気がいるけど、自分のライフスタイルにあったシニアから始められる「フランチャイズ(FC)」を見つけ、週末副業を始めてみて、自信がついてから、副業でなく、「本業」にすればいいと思うのです。やはりリスクは最低限におさえないとね。

f:id:bravomavie:20220113042201j:plain

■フランチャイズ(FC)って、実は、150種類以上ありました。あなたの資金やライフスタイルにあうフランチャイズ(FC)、ありますか?

フランチャイズビジネス:100種以上を比較

 

  

 

👉 フランチャイズとは? そのメリットとデメリット

👉 フランチャイズでない起業・在宅・すき間時間で、月5万増やす

 

定年後の鬱に、効く